簡単に始めやすい

パソコン 膝の上

数ある外貨取引中でも、バイナリーオプションは近年注目を集めている方法です。ルールが簡単でリスクも少なく、少額からでも始められることから、外貨取引や投資の初心者であってもその入門編として入りやすいことがその理由です。

投資額は100円単位から数万円くらいとされており、大きな損失も負いにくくなっています。また、予想を外したとしても損失は投資した額のみというところもリスクの点で魅力的です。そして、バイナリーオプションを続けていると外貨レートの動き方も勉強でき、次にFXなどで大きな利益を得るために必要な知識もつきます。

バイナリーオプションの中にもいくつかのタイプがあるのは前述したとおりです。まずは簡単にゲーム感覚で始められるものから入っていき、徐々に外貨の読みを深めていくのもよいでしょう。そうして外貨の値動きが読めてくると勝率を上げることにもつながり、より多くお金を増やせるようになります。

あくまで投資商品であることを考えて、ギャンブルではなく効率的に仕組みを読む力が最終的に必要となるシステムがバイナリーオプションです。

レンジ型

パソコン片手でもつ

バイナリーオプションの中で、ハイかローかではない方法でレートを予想するものがレンジ型です。レンジ型とは、レートの数値に上限と下限が設定され、終了時刻までにその上限または下限を超えるか超えないかという判断を行うものです。

その上限と下限の範囲内に収まっていると思えばイン、どちらかの方向にはみ出ると考えるならアウトを選択します。この方法は、ハイロー型やワンタッチ型のように単純に上か下かという選択肢ではなく、大幅な変動があるかないかを見極める必要があり、多少外貨レートに関する知識がないと難しい取引とも言えます。

こちらも、難易度が高いものであるということから多少払い戻しの倍率が高くなっています。バイナリーオプションを続けて行って、多少値動きがわかってきたら挑戦してみると面白いかもしれません。

ワンタッチ型

電話 ダイヤル中

設定時間までの外貨レートの変動結果を予想するバイナリーオプションには、基本形をアレンジした形もいくつか存在します。その1つがワンタッチ型と言われるものです。これは、購入ポイントからハイかローかを選ぶことは基本どおりですが、異なるのは、ハイもしくはローの一定の数値に設定時間内に到達するかどうかを予想するものです。

例えば、上の地点で設定されたレートと下の地点で設定されたレートの数値が現時点の数値から同じ振り幅で決められ、終了時点での数値ではなく、終了までにハイかローの設定数値に届いた瞬間が少しでもあったかどうかで判断します。逆に言えば、上下どちらの数値にもとどかない場合もあるわけで、その際は損失だけが出ることとなります。

つまり、予想時点で上下どちらにも達しないと予想した場合にはあまり意味がなくなってしまうということです。そのため、もし当たったとしたら配当の倍率が高いのがこの取引の特徴です。ただし、値動きの激しい時間帯を狙えば何らかの結果が出ることが多く、勝てばチャンスとなります。